白髪染め・ヘアカラーリング剤

白髪染め、ヘアカラーリング。

白髪染めには、ヘアカラーリング剤を使用します。いろいろな分け方がありますので、しっかり把握しておきたいところです。

【ヘアカラーリング剤とは?】
ヘアカラーは頭髪用染料。

日本のヘアカラーは薬事法で染毛剤(医薬部外品)と染毛料(化粧品)に大別される。

染毛剤(カラー剤)の主成分は、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料で、使用時に過酸化水素水と混合することにより酸化発色し、毛髪を永久的に染める。これと同時に過酸化水素による毛髪中のメラニン色素の脱色が起こるため、染料の配合濃度に応じて「白髪染め」から「おしゃれ染め」まで、色調の異なる染毛が可能となる。カラーリングのほとんどが、この方法である。 ジアミン系の酸化染料は、体質により皮膚アレルギー反応(カブレ)を起こすことがあるので、使用前にパッチテストが必要である。このほかの成分としてアンモニアなどのアルカリ剤を含むため、毛髪を傷める欠点がある。

ブリーチ剤は、酸化染毛剤から染料を除いたものでメラニン色素を脱色し髪を明るくする。黒髪を金髪に変える強力なブリーチ剤には、過酸化水素水のほかに酸化助剤として過硫酸塩を配合したものがある。これらの製剤はすべて(医薬部外品)に分類される。 ブリーチは、色を入れているわけではないので厳密にはカラーリングではない。

染毛料は毛髪を一時的に着色するもので、代表的な製品としてヘアマニキュアがある。ピンク、ブルー、イエローなど原色に近い色をのせたいときに使用する。ヘアマニキュアの主成分は化粧品に使用される酸性染料で、酸化染料と比べてアレルギー性が低いため、染毛剤でカブレる人も使用できる利点がある。またアルカリ剤を使用しないため毛髪へのダメージが少ない。反面、酸化染料と比べシャンプー等で色落ちがしやすい欠点がある。

このほか染毛料には、ヘアスプレーにカーボンブラックなどの顔料を配合したカラースプレーや、生え際の白髪を隠すリタッチ用製品もある。これらの製品には毛髪を染める力はなく、一回のシャンプーで落とすことができる。

近年、酢酸鉛や硝酸銀を用いた新しいタイプのヘアカラーが販売されているが、一部の製品には安全性に問題があるとされ、厚労省から通知が出されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白髪とは?

白髪とは、当たりまえですが、白い髪の毛のことです。日本人の場合、白髪は、黒い髪の毛が白くなると思いがちですが、じつは、人間の髪の毛は全員白いんです。知っていましたか?
その白い髪の毛に、ユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれる化学物質によって着色されているんです。

そこで「髪の色」について調べてみました。

髪の色(かみのいろ)は、ユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれる化学物質の存在による着色の結果である。

毛髪をはじめとするヒトの体毛には、白色・淡褐色・赤褐色・黒色など実に多様な色がある。体毛にユーメラニンが多いとその色は濃く、フェオメラニンが多いと赤みを帯びた色になる。毛髪の色が淡い人種では、人によっては成長につれ毛髪が次第に濃い色へ変化することもある。

毛髪の色は、地域や民族によって様々な違いがある。モンゴロイド・ネグロイド・オーストラロイドの多くの人種が黒髪であり、栗毛・金髪・赤毛などの比較的淡い色の毛髪を持つ人種はコーカソイドの一部に限られる。従って、黒髪を持つ人はアジア、アフリカ、南北アメリカ、南ヨーロッパ、オセアニアなどの広い地域に分布しており、淡色の髪を持つ人は主に北ヨーロッパと、そこから移住した各地域で見られる。

同じ民族の間でも毛髪の色には明確な個人差がある。また、染髪により、髪を自然には見られない色にすることも可能である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

知らないうちに、人間は白い髪の毛をいろいろな色に着色していたんですね♪この着色される色に地域性があるんですね。うん、面白い。

ということで、白髪とは、年齢を重ねるにつれて白い髪の毛を着色する、色素細胞の能力が衰えてしまい、毛髪の色素が消えてしまった状態なんですね。
タグ:白髪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。